歯のセルフホワイトニング効果に期待するのだったら自宅でホワイトニング歯磨き粉

セルフホワイトニング 効果

  • HOME

セルフホワイトニングはおすすめ?

最近人気の歯のセルフホワイトニングってお勧めですか?

セルフホワイトニングに行くんだったら、自宅で専用歯磨き粉でホワイトニングする方がお勧め

「痛くない!安い!手軽にできる!」っていうような宣伝文句で、「歯のセルフホワイトニング」という言葉を聞くこともたびたびあるんじゃないでしょうか。たしかに、歯医者さんでの歯のホワイトニングに使うような薬剤は使わないから、口の中がしみるような痛みを感じることもありません。

歯医者さんでのホワイトニングに比べたら、費用もずっと安い。予約なしに気軽に立ち寄ってホワイトニングできる手軽さもある。たしかに三拍子揃った歯のホワイトニング方法ですね。でも、これって歯医者さんでホワイトニング施術するのと比べたらってことですよね?それに歯医者さんでのホワイトニングとは、効果が全然違うってことも忘れちゃいけません。

セルフホワイトニングってどんな方法

歯のセルフホワイトニングっていうのは、ホワイトニング専用サロンなどに行って、スタッフさんから説明を聞いて、あなた自身でセルフサービスで歯のホワイトニングをする方法です。もうちょっと具体的に方法を言うと、ホワイトニング専用サロンに行った初回の時に、スタッフの人から2、30分かけてやり方の説明を聞きます。そのあとは、全てセルフでやることとなります。まずはホワイトニング前の歯の白さのトーンを確認します。次に、口の中を綺麗に掃除。それが終わったら、口を大きく開くためのマウスオープナーをあなたのお口に装着します。左右ゆっくりとはめていって下さい。

ここまでいったらホワイトニングを実施します。歯にホワイトニングジェル塗っていってください。塗り終わったら、LED照射器で歯を照射します。これはサロンによって時間の長さが違います。早いところでは2分。数分で終わるところもあるし、20分ほど照射するところもあります。基本的に長くやった方がホワイトニング効果が高いとはいいますが、最近の場合ですと、より良いLED照射器を使うことにより、照射時間が短くなっているようでもあります。決められた照射時間を終えたら、ジェルをふき取り、そして口内をきれいに洗浄します。最後にもう一度、歯の白さのトーンをチェックして、ホワイトニング前後での効果を確認して終了です。いかがですか?セルフホワイトニングってこんな感じです。

セルフホワイトニング専門店に通う回数とその効果について

セルフホワイトニング専門店とは専門店で歯を自分で白くすることができるお店です。セルフホワイトニングは、まずカウンセリングを行いセルフホワイトニングの説明を受けて、歯磨きをします。そして口の中と歯についている水分をふき取ったら薬剤を塗布します。そしてLEDライトを歯に照射します。これを何度か繰り返して歯を白くしていきます。最後に口内をゆすいでスタッフに歯の状態を確認してもらったらそのまま帰ることができるという方法です。ホワイトニングの効果はほとんどの人が30分のLED照射によるもので歯が白くなったと感じます。人によっては15分ほどでも白くなったと感じることがありますが、大体セルフホワイトニングを受けるときには30分はLED照射を受けると考えることができます。どのくらいまで白くしたいのかによって違いますが、多くの人が3回から4回ほど通うだけで歯の白さに満足することができたといいます。歯がきらきらと輝くような白い状態にしたい、永久歯のような白さにしたいという場合は約6回から9回ほど通うことでその白さに到達します。どのくらい持続するのかというと約2週間から1ヶ月です。喫煙や飲食の状況などの生活環境にもよりますが、あまり間隔をあけずにきちんとセルフホワイトニングを続けることが大切です。通うことで歯の白さを保つことができます。歯科医院などでは強い薬剤を使用しているので痛みを感じる人もいますが、セルフホワイトニング専門店では歯磨き粉とほぼ同じ成分の薬剤を使っているので痛みはないです。ただし、重度の虫歯や歯周病が進行していたり、歯にひび割れがある、歯の治療中など口腔内の環境がよくないときには痛みを感じることがあります。その場合は歯医者で治療をして口腔内がよくなってからホワイトニングを行うといいです。歯の白さを持続させるためには定期的にセルフホワイトニング専門店に通うことも大切ですが、きちんと歯を磨いて汚れを残さないようにすることも大切です。

セルフホワイトニング専門店ってどんなところがあるの?

一番有名なところでは、ホワイトニングバーになるかもしれません。北は東北仙台から、南が九州福岡まで。関東、関西、中部エリアなど、国内に多くの店舗を構える、歯のホワイトニング専門店になります。それ以外には、東京都地区と名古屋に店舗があるSiroQ(シロク)。SiroQは、カジュアルホワイトニングという、千円ぽっきりのコースがメディアなどで紹介されることがありますね。

ホワイトニングブランとう専門店は、六本木と渋谷にお店があります。公式サイトを見ると、著名人来店情報なんてのも載っています。shiny(シャイニー)は、愛知、静岡を中心に、関西大阪、東京の代官山、北海道札幌すすきのにもお店があります。これら以外にも地域限定のホワイトニング専門店もいろいろとありますので、あなたのお住まいの近くにもきっとあるではないでしょうか。

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い

セルフホワイトニングが「痛くない!安い!手軽にできる!」って言うのは、基本的に審美歯科で施術するオフィスホワイトニングとの比較での話です。オフィスホワイトニングは医療行為にあたります。歯医者さんで(歯を綺麗にするための専用の審美歯科医でやることが多いです)、過酸化水素を使った専用のホワイトニング薬剤の塗布と、光照射(LEDとは違う専門の照射器です)を歯にあてるといった施術方法です。歯のエナメル質の漂白を行うのと、歯の表面の凹凸を角張った形から丸みの帯びた形に変えることにより、エナメル質の奥にある象牙質の黄色味が表面にでないようにします。結果的に、歯の表面が真っ白に見えるようになります、

いっぽうでセルフホワイトニングは、医療行為ではありません。美容サロン的な位置づけですね。しかも、あなたの口の中を触ることは法律上許されていないので、全てあなた自身でやるセルフサービスになります。過酸化水素を使うことは許されていないので、一般的な成分のジェルを歯に塗布します。審美歯科で使用する過酸化水素は歯を白くすることに効果をはっきしますが、場合によっては、口の中がしみてい痛いことがあります。また、セルフホワイトニングで使用する光はLEDなので、審美歯科で使うような特殊な光照射ではありません。

いっけん似ているように思われるセルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの施術ですが、具体的には、実はこのように全然違います。もちろん効果も全然違います。

審美歯科でのオフィスホワイトニングは、最終的には歯を真っ白のピカピカにすることができます。テレビでよくみる芸能人の人達のような、あの真っ白な歯です。自分でやるセルフホワイトニングは、そこまでの白さにはなりません。歯の汚れたが取れた程度の状態の白い歯です。どちらも歯が現状より白くなるということでは同じかもしれませんが、その程度は全くの別物です。

セルフホワイトニングのメリットって?

審美歯科での施術が、数万円から20万円程度するのに対して、セルフホワイトニングだったら1回数千円です。このように、まずは価格的なメリットが感じられます。それとセルフホワイトニングでは過酸化水素を使用しませんので、ヒリヒリといった痛みを感じるリスクがありません。それと、審美歯科のように事前に予約を取る必要もありませんので、利用が手軽という点も見逃せないでしょう。ホワイトニング専門店を見つけたら、その足で気軽に立ち寄って、ホワイトニングを行うことが出来ます。セルフホワイトニングには、こういったメリットがあります。

セルフのデメリットって?

それなり納得したうえで利用すればいいことなので、デメリットという言い方は語弊があるかもしれません。ただ、あえば言えば、まず、審美歯科でやってもらうような歯の白さは絶対に期待できません。歯の漂白をするのではなく、歯の汚れを取って歯を白くみせるのが目的ですので。あと、セルフなので全部自分でやらなくちゃいけないということ。サロンまで足を運んで、作業は全部自分っていうことです。金額的に、審美歯科での施術に比べたらお得ですよ、という話はしました。でも、セルフでも一回平均4,5千円はします。サロンによっては、最初に3回程度、そのあとは1週間に1回程度通ってくださいと言っています。そうすると、月に何万円か掛かりますよね?これって安いと言い切れるのかというと、ちょっと疑問にも感じます。

歯磨き粉の方が良いのでは?

ホワイトニング歯磨き粉って聞いたことがあるかと思います。それこそドラッグストアで数百円程度から売っています。さすがにこういった程度のホワイトニング歯磨き粉はお勧めできませんが、きちんとした本格的なホワイトニング歯磨き粉はお勧めできると思います。ドラックストアに売っているのと本格的なホワイトニング商品との違いって?それは、研磨剤が入っているかどうか。もともと歯磨き粉っていうのは、たいてい研磨剤が入ってはいます。研磨剤が歯の表面の汚れを落としてくれるからです。ただ、ドラックストアでのホワイトニング歯磨き粉は、その研磨剤の効果を強調しています。でもよく考えてみてください。歯の表面を研磨剤で削ってるってことは、歯の表面のエナメル質をゴシゴシと粒子でこすっているということです。なので、表面のエナメル質に傷を付ける行為をしてしまっているということ。実際に本当に傷がついてしまうこともあって、いったん歯の表面に傷がつくと、そこに付着物が付きやすくなってしまい、茶色んステインが貯まっていってしまう、ということになってしまいます。せっかくの歯のホワイトニングが、逆効果になってしまっているというケースがあるんです。だから、歯医者さんは研磨剤入りの歯磨き粉を勧めないんですね。

本格的なホワイトニング歯磨き粉のススメ

その点、本格的な歯のホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤を使用していません。歯の表面を削って汚れを落とすという方法とは違う方法で、歯の表面の汚れを落とします。それはどのような方法かと言いますと、歯の表面に付着している汚れを浮かして、その汚れ成分を溶解し、それを取り去る、という方法です。そのための成分が専用の歯磨き粉に配合されています。歯の汚れを落とすアプローチが、研磨剤入り歯磨き粉とは違うわけです。ホワイトニング歯磨き粉もセルフホワイトニング同様に、審美歯科での施術のようなピッカピカの歯をつくる方法ではありません。歯に付いた着色汚れを取り除き、歯の本来の白さを呼び戻す、という方法です。可価格的には歯磨き粉1本2,3千円から5,6千円程度。はっきり言って、セルフホワイトニングよりもお得です。効果のことを考えると、ホワイトニング歯磨き粉を使って歯を白くする方法が一番自分にも合っているんじゃないかと思っています。

Copyright (C) 2014 歯のセルフホワイトニング効果に期待するのだったら自宅でホワイトニング歯磨き粉 All Rights Reserved.

Page Top